1階の和室と階段とリビングを分離した結果、無駄に廊下が長くなった

1階の配置計画で、玄関入ってから和室、リビング、階段へそれぞれに直接行くことができるように少し大きい玄関ホールの様なスペースを計画していたが、やはり間取りの関係で、廊下が長くなってしまった。

この3つの所に直接アプローチできることを優先したのは、誰かがうちに来た時に、それが、子供の友達や、母親のお友達、学校の先生など、様々あると考えてのことでした。

リビングを経由して、和室に入ることがない様に、直接和室で懇談できる様にしました。

また、リビングでくつろいでいる時に、2階に行く階段の音など気にならない様に、分離していたりしたのです。

ですが、今思えば、リビングの中に階段を配置しても良かったと思います。

当初は階段を使う人が見えて嫌になるかと思ってやめたのですが、やはり、2階は家族と子供の友達が使うだけなので、リビング階段にすれば、家族の誰が今2階に上がったかや、また、友達が来て2階にあがっているのかなどが自然な形で分かるのです。

最初の計画では、プライバシーを優先したのですが、玄関から和室、リビング、階段を単独でいける様にするではなく、リビングと階段はセットにして、和室だけ単独で直接アプローチできることで十分であることに気づいていれば良かったと思っています。

お世話になってるサイト>>>>>成田市の注文住宅